Menu

電話機の増設には欠かせない電話交換機

電話交換機は構内交換機、PBXなどとも呼ばれており企業が電話機を増設するために不可欠の存在です。PBXには様々な種類が存在しますが、インターネット上でシステムをクラウド化したもの以外の場合には機器を使用します。デジタルPBXはアナログ着信をデジタルに変換して内線電話につなぐ装置です。かつてはデジタルPBXが主流でしたが、現在ではIP-PBXと呼ばれるインターネット回線を使用したシステムが普及しています。PBXは主に複数の事業所間や単一事業所の異なるフロア間にある多数の電話機をつないで大規模ネットワークを築くための技術です。単一事業所において小規模なネットワークを構築する場合にも使用できますが、小規模ネットワークの場合にはビジネスフォンを使用するのが一般的とされます。

電話交換機で内線電話のネットワークを構築する必要性

PBXが主に使用されるのは複数事業所間などにおける大規模ネットワークを構築する場合です。単一事業所における小規模ネットワークの構築を目的とする場合にはビジネスフォンを選択するのが一般的ですが、ビジネスフォンも構内交換機の一種とされています。どのような種類のPBXやビジネスフォンを選択するかは利用目的によって決まります。PBXを導入すると複数事業所間を専用の回線でつなぐことになりますが、国際電話をする場合などには通話料金が発生します。国内の本社と海外の支社をつなぐような場合には、クラウドPBXを活用すると通話料が発生しないのでコストを削減できます。企業が効率的に業務を行うには、PBXによる内線電話のネットワーク構築が不可欠です。インターネット回線を活用することでコストを削減できますが、特にクラウドPBXはコストパフォーマンスに優れています。

電話機を増設して効率的に使用するには

企業が電話機を増設する場合には、PBXかビジネスフォンの導入が必要です。複数の事業所間で内線電話のネットワークを構築する場合には、数千台もの端末をつなぐこともあります。また日本国内の事業所だけでなく海外の事業所などともネットワークをつなぐことが必要となる場合も存在します。PBXやビジネスフォンにはメーカーや機種によって違いがあるため、利用目的に応じて導入することが重要です。ごく小規模なネットワークを構築する場合にはビジネスフォンを使用するのが一般的ですが、PBXを導入することもできます。PBXの方が構築するネットワークが大きいので導入コストは高いのが通常です。しかし場合によってはビジネスフォンより安くなることもあります。特にクラウドPBXは機器を使用しないので工事が不要なだけでなく、ビジネスフォンの機能も利用できるため合理的です。

安心の24時間保守対応(お客様保守継続率98%)でサポートしています。 最新機能を取り入れたタッチパネル式で簡単にナースコールを扱うことができます。 奈良県下の病院では、病院向け電話システムの導入がシェアNo.1を誇ります。 ナースコールシステムでは、使いやすさ・見やすさを考えたデザインになっております。 病院施設やホテル、業務効率化を目指す企業の導入事例を紹介しています。 電話機の交換機ならKOSネットワーク株式会社へ