Menu

よくわかる電話機増設時における交換機のメリット

多くの企業では交換機を利用していることが多く、複数の電話機を接続して効果的に利用していることが多いものです。この機器を利用することで台数が多くなりがちな電話を効率的に利用することが出来るほか、増設も簡単に行えるようになるのが大きなメリットです。逆に交換設備がないと複数の電話を必要とする場合には回線を1つ1つ引き込まなければならない上、社内で通話する際にも電話料金が発生してしまうなどの問題が生じてしまいます。さらに増設する場合には新たに回線を契約しなければならないというデメリットもあります。交換設備は複数の電話回線を収容出来るというメリットもあり、また転送などの便利な機能も保有しており、一度に多くの電話を収容しなければならない会社においてはなくてはならないものです。

増設や移設の工事が簡単に行えます

電話機を増設する場合には交換機が無い場合、直接電話回線を増設する場所まで新たに引き込まなければなりません。これは新たな電話の契約を通信会社と行う事になるため、その工事は専門の業者に行ってもらう必要がある上、増設された場合その電話は一般の家庭の電話と同じように固有の番号を持ち、外から直接掛けることの出来る直通となります。しかし、交換設備が有る場合にはその設備に収容するため、新たな回線の敷設が不要なことや、設定により既存の電話番号が利用できること、また社内の内線電話に参加できることから社内通話が行えることになります。またビジネスフォン等を利用することで転送やピックアップといったさまざまな機能を利用することが出来、業務効率化をスムーズに行う事も可能になります。

自由に台数の増減や移設が可能になります

交換機のメリットは社内の電話機の台数や位置を自由に変更できることです。その為、増設も自由に出来ることからレイアウト変更などで人数が増減した場合にこれに併せて自由に設定を行うことが出来るのが大きなメリットになっています。交換設備がない場合には通常移設を行う場合には通信会社に連絡し工事を行う事になりますが、工事の時期が明確にならないことも多いため、レイアウト変更に対応できないことが少なくありません。また、移設に高額な費用が発生することも多いため、なかなか簡単には出来ないことも多いものです。交換設備が有る場合にはその設備の設定変更だけで簡単に増設や移設が出来るため、非常にスムーズに作業が完了することから業務に与える影響が少なく、貴重なビジネスチャンスを逃すことがないメリットがあります。