Menu

電話機の交換機導入時に掛かる費用

現代では携帯電話の普及により固定電話を設置するといったケースは家庭向けでは少なくなっていますが、企業が使用する電話に関しては現在でも固定電話が一般的です。しかし、固定電話といっても以前のようにNTT一社が独占するという状況ではなくIP電話はひかり電話といった選択肢もあります。固定電話を引き込むには電話加入権や加入権不要の引き込みプランを利用して電話回線の引き込み工事を行ってもらう必要があります。一方でIP電話やひかり電話はデジタル回線を利用するのでそれらを引き込むことで利用ができます。しかし、家庭で使う場合には電話回線につき電話機は1台となっていますが、企業などで使う場合には複数の電話を使用することになるため電話交換機の設置が必要になります。

電話交換機の役割と導入するメリット

電話交換機を導入する場合にはビジネスフォンと呼ばれる電話機を利用する場合です。ビジネスフォンは家庭用の電話機とは異なって、複数の回線を利用することを前提としたものです。このため複数の電話回線を利用することができるほかにも、内線としても利用することができるので、社内でのやりとりをスムーズに行うことができるといったメリットがあります。一方でビジネスフォンを設置するさいに重要となるのが、主装置と呼ばれる交換機を取り付ける必要があります。主装置は社内の電話に対して外部からの電話の取次を行うための装置であり、交換手の役割を機械が行ってくれるものです。このシステムが作り上げられていれば、従来のアナログ電話やIP電話、ひかり電話といった電話回線の種類を選ばずに電話を利用することができます。

導入するために必要な費用の相場は

ビジネスフォンの導入費用としては、電話機代、主装置代金、ユニット代金、工事代金などが必要になってきます。使用する電話回線はどの種類であっても問題ありません。機器は新品の場合にはリースで導入するのが一般的ですが、標準的なオフィスの場合には月々3万円程度の費用が必要です。また最新機種が利用できますしメンテナンスや天災による破損などの保険をつけることも可能です。ただデメリットとしては、期限が来ると返却しなければなりませんし、中途解約をするにしても残高の支払いが必要になります。一方で中古の場合には、買取になるため将来的な返却は不要です。しかし、メーカー保証が選べないことや最新機種が選べないといったデメリットがあります。ただ1台あたり数千円程度で、リースの1ヶ月分程度で導入できるケースもあります。