Menu

電話機増設に電話交換機が必要な理由

企業が多数の電話機を使用する場合には、内線電話のネットワークが必要になります。複数の事業所間や異なるフロア間で大規模なネットワークを構築する場合には、電話交換機が使用されます。単一事業所内で小規模なネットワークを構築する場合にはビジネスフォンを使用するのが一般的です。電話交換機はPBX、構内交換機とも呼ばれておりビジネスフォンもその1つとされていますが規模に違いがあります。PBXがつなぐ電話機の数は50台以上となるのが通常です。極めて大規模なネットワークを構築する場合には数千台となることもあります。一方50台未満の電話機をつなぐ場合にPBXが利用される場合も存在します。PBXには様々な種類があるので、利用者の状況に応じて選択することが重要です。

内線電話のネットワークを構築する

内線電話のネットワークを構築する技術がPBXとビジネスフォンですが、いずれを導入するかは利用目的によって決まります。一般的に企業がコールセンターやサポートセンターを設置する場合には、unPBXが使用されます。unPBXはプログラムが自動的に外部からの着信をオペレーターに分配する仕組みを備えているのが特徴です。その他にもデジタルPBX、IP-PBX、クラウドPBXなどが存在します。基本的にPBXは専用の機器を使用しますが、クラウドPBXでは機器の設置が不要なため内線電話の工事を行う必要もありません。また回線数を増減したり内線電話の設定を変更する場合にも、サービス事業者を呼ばずにインターネット上で行うことができます。よりコストを抑えてPBXを導入したい場合には、クラウドPBXを選択するのが合理的です。

電話交換機とビジネスフォンを活用するには

大規模なネットワークを構築する場合にはPBXを使用しますが、小規模なネットワークの構築にはビジネスフォンが最適です。導入費用も一般的にPBXは数百万円から数千万円と高額になります。ビジネスフォンの導入費用は規模によりますが数十万円から数百万円とされます。PBXを導入する場合には、インターネット回線を使用するものを選択するとよりコストを抑えることができます。IP-PBXには専用機器を使用するハードウェアタイプと企業のサーバにインストールするソフトウェアタイプが存在します。特にソフトウェアタイプは企業が既に有しているサーバにソフトをインストールするだけなので、ハードウェアタイプと比較して安いコストで導入が可能です。デジタルPBXはアナログ音声をデジタル変換しましたが、コンピュータと内線電話のネットワークは分離されていました。一方インターネット回線を使用すれば、コンピュータと内線電話の機能を連携させることができるというメリットがあります。