Menu

PBXとIPPBX電話機の交換機の違い

PBXは構内交換機とも呼ばれており、主に複数の事業所間で50台を超える電話機をつなぐ大規模なネットワークを構築するために利用されます。単一事業所内で50台以下の電話機をつなぐ場合にはビジネスフォンを利用するのが一般的ですが、PBXで対応することも可能です。PBXには様々な種類が存在しておりそれぞれに異なる特徴があるため、導入する目的によって最適なものを選択します。これまではデジタルPBXと呼ばれるアナログ着信をデジタル変換するものが主流でしたが、近年ではIPPBXと呼ばれるインターネットプロトコルを使用したものが普及し主流となっています。さらにインターネット上でシステムをクラウド化したサービスも登場しており、よりコストを抑えて導入することができます。

PBXの様々な種類と特徴について

PBXは50台を超える電話機をつないで内線電話のネットワークを構築する技術ですが、場合によっては数百台を超える極めて規模の大きなネットワークを構築することもあります。単一事業所内で小規模なネットワークを構築するにはビジネスフォンが利用されます。ビジネスフォンも構内交換機の一種とされています。PBXには様々な種類がありますが、企業のコールセンターなど極めて大規模なネットワークが必要な場合にはunPBXが利用されます。unPBXは外部からの着信をプログラムが自動的にオペレーターに振り分ける機能を搭載しており、コールセンターやサポートセンターなどを設置する場合に最適です。よりコストを抑えて構内交換機を導入したい場合には、インターネット回線を使用したタイプを利用することになります。特にクラウド化されたPBXは、特別な機器を設置しないため工事費用がかからないというメリットを有します。

インターネット回線を使用したPBX

IPPBXはインターネット回線を使用して内線電話システムを構築します。デジタルPBXは内線電話のネットワークとコンピュータのネットワークが別々に存在していました。IPPBXでは内線電話とコンピュータのネットワークを統合することで、コンピュータと音声通話を連動させることができます。システムを運用するための機器もデジタルPBXでは事業所ごとに設置する必要がありましたが、IPPBXの場合には1か所に設置すれば全体を管理することが可能です。IPPBXには専用の機器を設置するハードウェアタイプと、企業のサーバにインストールして使用するソフトウェアタイプが存在します。ハードウェアタイプは事業所内に設置するため、高いセキュリティと安定した稼働を期待できます。一方ソフトウェアタイプは低価格でシステムを利用でき、サーバにファイルサーバ機能を持たせるなど付加価値を与えることが可能となります。